文芸誌『たまゆら』編集長の雑記帳

文芸誌『たまゆら』は30年以上続く老舗の文芸同人雑誌です。エッセイ、詩、俳句、短歌、小説、紀行文など、好きなジャンルで好きなように書く表現の場です。

ビワイチにあこがれて

f:id:abbeyroad-kaz:20200621133513j:plain

レンタルしたGIANTのクロスバイクR3  

 土日は遠出したくなる。週が開けた月曜日から次の土日はどこへ行こう、何をしよう、なんてことばかり考えている。ええ歳こいて家でじっとしているのがイヤでイヤでたまらない。

 仕事はいっぱいたまっている。次の『たまゆら』118号の自分の作品も書かなアカンし、寄稿された作品の割付や赤入れなども片付けていかなアカン。年に3回の同人誌。その編集は仕事ではない、いや、ほとんど趣味の世界だが、いつか最高齢芥川賞を狙っているスタンスからするとやはり仕事か・・・。なんでもいいが、本業も趣味も義務もしがらみもちゃぶ台返し(そっと)したくなる。

 バカな趣味ばかりもっていて、去年の5月中山道を歩いて京都三条から首都東京まで行くツアーを企てたがコロナでストップ。美濃と木曽の境目の馬籠宿でただいま停滞中(夏休みに2泊3日ぐらいで行くか)。

 てなことで6月6日旅に出た(半日だけ)。大津駅から反時計回りに草津へ、そして守山。そこから琵琶湖大橋を渡って堅田雄琴と回って行く。ビワイチならぬ琵琶湖5分の1周。

 最近自転車ってブーム、大ブーム。老若男女がいかしたスーツ着てビュンビュン飛ばしている。休日、こっちがヒーヒーゼーゼーでジョギングしている横をカラフルなバイクで風を切ってゆく。ぼくも、もうほとんどバイクを買おうとしていた。5、6万でいいのがないかと自転車屋もめぐった。買うモデルも決まりかけていた。しかし、買う前にまずは乗ってみようということでレンタサイクルにトライしてみたのだ。それがこの日。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621141738j:plain

大津駅観光案内所(JR大津駅出てすぐ左)。バイクレンタルは事前に予約しておいた方が無難。 電話077−522−3830

 ただぼくの場合、遠出するためだけが目的ではなく、自転車ででかけて幕営することが目的だ。前後にキャリアを装着してテントやシェラフその他ギアをのっけて走る。

 これいいなあ、で買ったはいいが沢山荷物積んで走ったらバランス悪いかもしれんし、疲れすぎるかもしれん。てわけでJR大津駅の観光案内所で借りてスタートしたのだ。結構安い。10時から18時までの8時間で1800円、そしてGIANT・R3だ。乗ってみる。いつも通勤で使うママチャリとは全く違う、同じ自転車でも別物といったほうがいい。軽い。車体もペダルも。前のギアが三段階、うしろは6つだったか7つだったか切り替えられる。斜度に応じて幾段階にもシフトチェンジできるすぐれものだった。最初の難所、近江大橋の坂もなんなく突破。湖岸道路を行きやがて草津へ。10時スタート11時半着。ちょっと遅いね。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621142759j:plain

草津宿の道標 草津宿東海道中山道の分岐点。往時は数多くの荷駄で賑わった。東海道では

52次、中山道では68次にあたる。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621142941j:plain

近江名物 滋賀県人のソウルフード 近江ちゃんぽん 野菜一日分

草津駅前で近江ちゃんぽんを食す。大好物。お酢を一杯かけて食べる。身体が引き締まる感じがする。ぼくは滋賀県に来ると昼にはたいていこれを食べている。そこから一路、守山宿まで。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621143833j:plain

中山道67番目の宿場 守山宿の道標

守山からこんどは琵琶湖岸へ目指して走る。時刻は13時半を回っている。実はもうくたびれている。歩くのと違って身体の各所が痛む。背中、肘、そしてお尻。背筋の伸ばしたり、肘を緩めたり、尻の痛みががまんならん。浮かして走ったらしんどいし、サドルに乗せたらひりひりする。それでもなんとか琵琶湖大橋を渡りきることができた。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621144501j:plain

琵琶湖大橋から堅田方面の眺め。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621144511j:plain

堅田の道の駅から琵琶湖大橋を眺める。

もうほとんど力が尽きかけているがせっかくだから土地勘を得ておきたい。

堅田明智光秀との関係も深い。光秀は延暦寺の焼き討ちのあと周辺の抑えとして坂本の地に築城を許された。坂本城築城の際堅田水軍の力を借りた。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621144928j:plain

浮御堂(満月寺) 平安時代、恵心僧都が湖上安全と衆生済度を祈願して建立した。

痛む尻に悩みながらペダルを漕ぐ。日吉大社にも行ってみたい。来たはいいが坂道が続く。降りてなるものかと必死でこぐ。根性、根性、ど根性!そうだ鶴喜蕎麦本店でざるそばを食べようと頑張った。がちょうど15時が昼の閉店時間で・・・間に合わなかった。隣りの日吉そばさんで一服。日吉大社へ参詣し、山上の伽藍に思いを馳せる。織田信長明智光秀の焼き討ち・・・。なんでお坊さんを殺さねばならなかったのだろう。想像を絶する。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621150241j:plain

風情あるたたずまい。ふうわりとしたやさしい風味。ひとごこちつきました。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621150500j:plain

比叡山延暦寺参道はは日吉大社前のこの石段から始まる。

f:id:abbeyroad-kaz:20200621150522j:plain

日吉大社大鳥居

f:id:abbeyroad-kaz:20200621150758j:plain

社殿が幾層にも屋根を連ねている

f:id:abbeyroad-kaz:20200621150859j:plain

石積みのプロ集団・穴太衆の石垣

 

f:id:abbeyroad-kaz:20200621151741j:plain

坂本城があったであろう場所にある碑と駒札

f:id:abbeyroad-kaz:20200621151202j:plain

湖岸にある記念碑。明智光秀像。こんなごつい感じのひとやったんかな

最後はのろのろ運転だった。18時までにもどればいい。マイペース、マイペース。

自転車はいい。早い。軽い、カッコいい。買おうかどうしようか。歩きもいい。好きなところで休み、座ったり写真を撮ったりできる。ちょっと考えるわ。こんどは完全にビワイチするために。